STEP1収集運搬車輌

運搬車輛

食品リサイクル専用収集車輌にて、定期収集を行います。また、スポット収集にも対応致します。 株式会社MCSの保有する処理施設は、平成23年8月に新しく増設増強いたしました。施設内見学も承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

STEP2 破砕

破砕

食品残渣を細かく砕きます。

STEP3 攪拌(生ゴミ・戻し堆肥・バーク)

攪拌

生ゴミを戻し堆肥、バーク等と一緒に攪拌します。


STEP4一次発酵

一次発酵

攪拌後、一次発酵層(6ピット)へ搬送します。ここではエアー供給と同時に攪拌、切り返しを行い、発酵促進を行います。 夏場:3~5日/ピット冬場:7~10日/ピット 6~1ピットまで順送りに切替しながら発酵します。この新しい施設が稼動することで、廃棄食品は焼却または埋め立てることなく、「堆肥」に再生し、生まれ変わります。ここで完成した有機100%の堆肥で農産物が育てられ、リサイクルの輪が完成します。

STEP5二次発酵

二次発酵

一次発酵層より排出された堆肥は二次発酵層へ搬出されます。 棟には、バイオ脱臭装置により臭気対策されております。サークルコンポシステムによりムラなく攪拌発酵します。






一次発酵6ビット

ビット内60度以上

二次発酵しています。

二次発酵時攪拌


STEP6保管(熟成)

熟成

二次発酵層から熟成ヤードに搬送し切り返しを行い、完熟堆肥を生産します。そして製品保管ヤードへ搬送します。

STEP7製品保管

製品保管

製品化された堆肥を保管ヤードで保管し、農業従事者等への出荷を待ちます。