食品リサイクルループ

リサイクルループは企業にとって経済面でもメリットが大きい?


食品リサイクルループ


 リサイクルループは企業にとって経営面でもメリットが大きい??!!! このリサイクルループは大手スーパーやコンビニなどでも 行われており、特にコンビニ業界では徐々にこの流れが定着しつつあります。 また、コンビニ業界だけでなく、大手スーパーでは 大手コンビニと提携し「アグリガイアシステム」という堆肥化センターを経営し、そのセンター内で製造された堆肥は県内の 農業生産法人にて使用され、そこで出来た野菜などを自社で販売するという、完全な形でのリサイクルループが行われているのです。 このリサイクルループは、環境に優しい、そして良質な飼料や肥料によって作られた物がまた良質なものになるという点だけでなく、 中間コストがカットされる為経営面でも経費が抑えられるという企業にとっては大きなメリットが得られるのも特徴の1つです。 さらに業界大手のスーパーグループも店舗内で出た食料廃棄物から液状の飼料を作り出し、その飼料で育った豚を店舗内でまた販売する リサイクルループ化を確立されました。 改正されたリサイクル法で、食品のリサイクル率を45パーセントに引き上げられ、それによって食品を扱う各社がこの取り組みに本気で挑んでる結果が近年表れているといえます。