食品リサイクル

食品リサイクルループ

食品リサイクルループ

食品リサイクルループとは、スーパーやレストランから出た食べ残しや売れ残りを肥料・飼料などにして、農業生産者が農畜産物を生産し、それを再び事業者が買い入れる仕組みのことをいいます。

詳しくはこちら

食品リサイクル処理フロー

食品リサイクル施設

株式会社MCSの保有する処理施設は、平成23年8月に新しく増設増強いたしました。施設内見学も承っております。定期収集を行います。また、スポット収集にも対応致します。

詳しくはこちら

食品リサイクル法について

食品リサイクル法について

食品廃棄物等のうちで再資源化できるものは飼料や肥料、油脂や油脂製品、メタン、炭化製品(燃料および還元剤としての用途)、エタノールの原材料として再生利用します。

詳しくはこちら


再生利用

初めてのお客様は、初回お申込み特典として5%OFFとさせていただきます。


食品リサイクル


《「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」の通称》食品廃棄物を減らし、再生利用を促すための基本事項を定めた法律。食品循環資源(食品廃棄物等のうち有用なもの)の再生利用(飼料・肥料など)及び熱回収、廃棄物の発生抑制と減量を図り、国、地方公共団体、食品関連事業者、消費者の役割と責務を規定する。平成13年(2001)施行。 リデュース(廃棄物の発生抑制)→リユース(再使用)→リサイクル(再生利用)→熱回収→適正処分という処理の優先順位を明確にし、廃棄物等のうち有用なものを循環資源とした。製品の生産者は製品の再利用や処理についても責任を負うという拡大生産者責任の原則が規定された。

フリーダイヤル:0120-21-0077